人生は一度っきり。皆さんの楽しみに役立つブログ

 Life is Fun ! 人生を楽しむ

鳩山幸若い頃は宝塚歌劇団所属!今現在はライフコーディネータで活動

更新日:

スポンサーリンク

爆報!THE フライデー【奇跡の大再会2時間SP】

2017年12月8日(金)  19時00分~20時57分
鳩山幸(はとやまみゆき)と鳩山由紀夫夫妻が出演します。

宝塚音楽学校に入学

1959年、神戸海星女子学院高等学校1年修了で宝塚音楽学校に入学
鳩山幸は宝塚音楽学校卒業後、宝塚歌劇団に入団。宝塚歌劇団47期生。

1961年、宝塚歌劇団入団。翌1962年[に星組に配属。
同期に初風諄、羽山紀代美らがいる。若みゆきの芸名で
娘役として舞台に立った。

宝塚入団時の成績は66人中47位で成績はそれ程良くはなかった。

宝塚時代の愛称はコンちゃん。その由来は喜劇役者の大村崑
の物真似ばかりしていたからである。
当時からやはり変わった面を持っていました。

翌1965年、フランスのパリ公演メンバーに那智わたる、甲にしき、
如月美和子らと共に選抜された。
9月18日から20日までパリ市内のアルハンブラ劇場で公開試演会、
9月21日から10月17日まで同劇場で33回の一般公演を行った。

最初の結婚はレストランオーナーと

鳩山幸は1967年8月に宝塚歌劇団を退団。1969年12月頃には渡米しており、
サンフランシスコの日本料理店「蝶蝶」で
マネジャーをしていた田浦新一朗と結婚します。

田浦新一朗は熊本県出身。60年、アメリカ在住の姉夫婦に
誘われて20代前半で渡米。

サンフランシスコに日本食レストランを開店した姉夫婦と
3人で懸命に店を切り盛りしました。

日本の高度経済成長を受け、渡米してきた日本人客で
レストランは大繁盛したそうです。

このレストランは当時各界の著名人が訪れる社交場にもなっていた。
「月に1回ほど店に来る日本企業の社長さんがいまして、あるとき

冗談半分で“私にお嫁さんを探してください”といったら、
本当に日本人女性を紹介してくれたんです。それが幸でした。

宝塚にいたせいか、彼女はきれいでハキハキした女性でした。
英語が上手で発音もよかったです」と田浦新一朗は当時を振り返ります。

ふたりは同棲を経て、67年に結婚。幸さんも店を手伝うようになった。

鳩山幸さんは1975年に鳩山由紀夫と再婚しました。
再婚は意外と知られておらず、サンフランシスコの日本料理店
の奥さんであった幸を鳩山由紀夫が略奪したというのだ。

その経緯とは・・・・・

幸さんが結婚後3年たったとき、妹夫婦のもとに届いた
一通の手紙が田浦新一朗らの人生を変える。
それは日本に住む名士からの手紙でした。

「元首相鳩山一郎氏の令孫由紀夫君が留学のため
貴地に赴くことになりました。
よろしくご指導、ご鞭撻を賜りたい」
という内容のものでした。

姉夫婦や田浦新一朗夫妻は、スタンフォード大学大学院へ
留学してきた御曹司、由紀夫氏を快く迎え入れ、世話した。

しかし、鳩山由紀夫は恩をあだで返した。
さすが宇宙人。

田浦新一朗によると「鳩山由紀夫くんはときどき
レストランに食事に来ていました。

彼はお金持ちの息子という感じで、本当に世間知らずでしたから、
私たちに頼るしかなかったんでしょうね。

そのころ幸はレストランで客を案内する係をしていたのですが、
どうも由紀夫くんが幸に一目惚れしてしまったようです。

私はゴルフで出かけることも多かった。その間に由紀夫くんが
うちへこつそり来て会っていたんです」

 

スポンサーリンク

鳩山由紀夫と幸は再婚も2人で失踪(駆け落ち)?

しかし、夫婦の終わりは突然訪れた。手紙の一件から1年ほど経ったある日、
田浦新一朗がゴルフ後に帰宅すると、そこに妻の姿はなかったのです。

手紙とはこの1年前に「ある日、〝弟さんが留守のとき、
男性が家にこっそりと来ている″
という密告の手紙が姉夫婦の家に届いた事を指します。

手紙の一件から1年ほど経ったある日、田浦新一朗が
ゴルフ後に帰宅すると、そこに妻 幸の姿はなかった。

「彼が迎えに来たんでしょう。『家を出ていきます』
という置き手紙だけがありました。
ただただ茫然自失の状態でした」(田浦新一朗)

「恩を忘れた」といってしまえばそれまでだがあまりにも恩知らずな行動。

結局、別居から2年後の73年に田浦新一朗と幸は離婚。
同棲をしていた由紀夫と幸は、その2年後の75年に結婚。

元夫の田浦新一朗によると
「幸は私に挨拶もしないで出ていきました。もちろん由紀夫くんからの
挨拶や謝罪もありませんでした。ああいう政治の世界で生きる人は、
一般の感覚とはズレているんでしょう」

今現在においても、遺恨は残っているのです。
田浦新一朗の言動の端々にそれは見られます。

 

鳩山幸の今現在

ライフコーディネーターとして活動中です。
幸流(みゆきりゅう)家元⇦これがライフコーディネーター活動と
リンクしているのです。

各界からいろんな人を呼んで講演してもらったり。

私たちが今ここに生かされているという事を共に考える時が来た。

昔から色々な人が言ってきたことだ。
しかし、私たちは学んで来なかった。

一昨年の3月11日はそんな私たちに
大きな気付きの時を宇宙 は与えてくれた。

自分自身に問いただしてみよう。

  • 他人の喜びを我がことのように喜べるか。
  • 傲慢になっていなかったか。
  • 他人や家族に感謝出来たか。
  • 他人を信じることが出来るか。
  • 徳を積んだ日々を送ってきたか。
  • 失敗を許せるか。
  • 自分を愛しているか。
  • 自然に感謝出来るか。
  • 他人の意見を素直に聞けるか。
  • 太陽の恵みに感謝したことはあるか。

書き出したら次々と出てくる問題に、ふさわしいゲストを招き、
ゲストの意見を伺った後、ゲストを交えて自分の意見を発表し、

人の意見 を聞き、そんな中から自分に
必要な栄養となる考え方を取り入れ、
自らの人生を豊にして行こうではないか

鳩山幸はこういう活動を行っています。
なお幸流の年会費:20,000円です。
2017現在の活動状況は確認できていません。

興味のある方は直接お問い合わせを!

お問い合せ先

「幸流」事務局

〒107-0052 東京都港区赤坂1-14-5 S-702

TEL:03-5545-6821/FAX:03-5545-6822

 

スポンサーリンク

-バラエティー

Copyright©  Life is Fun ! 人生を楽しむ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.