人生は一度っきり。皆さんの楽しみに役立つブログ

 Life is Fun ! 人生を楽しむ

【ガイアの夜明け】リンカーズのマッチングサービスと評判は?

投稿日:

1月17日(木)ガイアの夜明け

22:00~テレビ東京系列で放送

マッチングサービスで有名です。

リンカーズのマッチングサービスが評判です。

スポンサーリンク

発注起業と受注企業の架け橋になるサービスです。

今回は、モノづくりに特化したクラウドソーシングで急成長中の「Linkers(リンカーズ)」をご紹介します。

運営元はDistty(ディスティ)株式会社。2012年4月に設立されたベンチャー起業です。

2014年1月から本格稼働したLinkersの仕組みは、全国に1200名以上いるコーディネーター(中小企業や研究機関をネットワーク化)と呼ばれる技術の目利き・専門家を核とし、日本中の大企業から受けたオーダーをマッチングしている。

その仲介を行うDistty社は、まずオーダー側の大企業から初期費用として数十万円程度の費用を受け取ります。

これはマッチングにあたっての調査費、探索費用となる。また、成約時のロイヤリティーとして、Distty社は3~4% の手数料を受け取ルシステムです。

第一次のマッチング候補が50社あったとすれば、第2次で10社、第3次で2社まで絞り込み、最終候補を選定する。選定までは1カ月半から2カ月程度が目安だ。

 

コーディネーターがマッティングの肝です。

このサービスの最大の肝は、コーディネーターの存在だ。コーディネーターとなる人材は、産業支援機関やや産学連携機関などに在籍している専門家である。

2014年12月の時点で、すでに100社を超える大手企業との成約がある。

しかもマッチング率は90%以上で、リピート率は6割を超えている。

Linkersの利用企業には、トヨタや大和ハウス工業など、錚々たる大手企業が並びます。

ちなみに同社は、2014年9月24日に行われた第2回「TOKYOイノベーションリーダーズサミット」にも参加し、そこで商談した大手企業も利用を始めています。

 

参加企業は富士フィルム、トヨタ、参天、オリンパス、大和ハウス,豊田通商、バンダイナムコ、ダイセル、コクヨ、東京芸術大学、パロマな大企業がが参加しています。

 

スポンサーリンク

 

リンカーズの特長

(特長1)全国350以上の産業支援機関と連携。公開情報からでは見つからない有力企業を網羅的に紹介。

(特長2)産業支援機関と守秘義務契約を締結し、誰が探しているか企業に伏せたまま、探索・アプローチ。

(特長3)独自システムにより、絞り込み、面談、最終企業の選定に至るまで、コミュニケーションをサポート。

 

マッチング例は

史上初の段ボール防音室「だんぼっち」の開発パートナーを見つけました!

発注企業 バンダイナムコGr
受注企業 神田産業株式会社
目利き 福島県

バンダイナムコグループの新規事業開発会社である「株式会社VIBE」は、家庭内でのカラオケ練習用にダンボール防音室の企画開発を行っていました。
2012年、JOY SOUNDと一緒に「ニコニコ超会議2」に社内で簡易試作を行ったダンボール防音室を出展したところ、かなりの反響があったため商品化が決定!
しかし、段ボール加工ができて、かつ、防音設計ができる業者が見つからずに大苦戦。そこでリンカーズにご依頼いただいたところ、わずか1週間で対応可能な企業が抽出されてきました。

リンカーズの評判

実際、技術の目利きを行う人材が大量にいるのは、日本だけだといいます。

日本では行政機関や経済団体が中小企業の支援を行っているが、その核となる人材は、大学や企業の研究機関などに在籍している研究者・技術者たちだ。そうした人材がすでに存在していたことが、Linkersの立ち上げがうまくいった理由の1つであろう。

 

総じてサービスに付いては満足度は高いです。それには目利きの存在が大きいです。

 

スポンサーリンク

-ドキュメンタリー

Copyright©  Life is Fun ! 人生を楽しむ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.